日鋼工業株式会社はステンレス、鉄、金属加工など精密板金のプロフェッショナルです。

精密板金

精密板金 Precise Sheet Metal



精密板金加工とは、薄板鋼板に切断、穴あけ、曲げ、溶接等の加工を施し、精度の高い製品にすることです。日鋼工業では、ほとんどの工程に数値制御された精密機械を用いることで、電子機器のシャーシや半導体製造装置の筐体等、さまざまな分野でお客様のニーズにお応えしています。




精密板金加工の流れ Flow of processing

プログラム作成風景 プログラム作成
図面を展開して数値制御機械へのプログラムを作成します。
加工データは光伝送で配信され、バーコードで読み取られます。
EM加工風景 切断及び抜き加工
高速NCTにて外形抜き及び穴あけ加工を施します。
レーザー加工風景 レーザー加工
主にステンレスの抜き加工に用います。
クリーンカットで焼け跡のない加工が可能です。
タップ加工風景 バリ取り及びタップ加工
抜き加工にて発生したバリを取り除きます。
タッピングボール盤でタップを立てるほか、皿モミ加工も施します。
曲げ加工風景 曲げ加工
金型を使い、油圧の力で鋼板を曲げます。
過去の曲げデータは全て保存されます。
スポット溶接風景 スポット溶接
電気の熱で部品を圧接します。
溶接風景 溶接
部材と部材を接合させ、最終形にします。
半自動アーク溶接、アルゴン溶接など、さまざまな加工法があります。
仕上げ風景 仕上げ
溶接でできた跡を平滑に仕上げます。
ステンレスは研磨して光沢を出すものもあります。

徹底した品質管理 Quality Management

品質管理

イメージ:品質管理

日鋼工業では、企画・製造から納入までのすべての工程を社内で行い、一貫して生産を管理しています。どのような空間にどのような機能をもった製品がふさわしいのか、人間工学の視点も加えて、その使い勝手、機能性、デザイン性を充分検討した上で生産に入ります。実際に出来上がるまでのチェック項目は数え切れないほど。これが日鋼工業が永年培ってきたノウハウなのです。
私たちがつくり出す製品には徹底した品質管理と生産システムが生かされています。

▲ページのトップに戻る

確かさを未来へ 日鋼工業株式会社 〒614-8286 京都府八幡市美濃山千原谷8-2 TEL:075-983-7508 FAX:075-983-7504

アクセスマップ お問い合わせ

新着情報 | 会社案内 | 事業内容 | 製品紹介 | 精密板金 | 解決!にっこちゃん | 設備紹介 | よくある質問 | お問い合わせ